HOME > イベント案内  > イベント案内 | 2013-10-06 (日) 日野皓正 djhonda h-factorスペシャルライブ
自主事業
   登録日時 2013-8-31 10:13 (2805 ヒット)

日時:平成25年10月6日(日)
   開演18:30 開場18:00

入場料/全席指定  前売3,500円  当日4,000円
チケット残りわずか!
チケットの購入、予約は☎0827-84-1400まで


会場:周東パストラルホール コンサートホール

出演者:日野皓正、djhonda、日野JINO賢二、田中徳崇、須川崇志、加藤一平

主催:岩国市周東文化会館
後援:岩国市教育委員会、岩国市社会福祉協議会周東支部、周東町自治会長連絡協議会、周東文化協会、玖珂町文化協会、周東町女性団体連絡協議会、岩国市連合婦人会玖珂支部

☞チラシダウンロード








開始時間 18時30分
定員数 500人

日野皓正
1942年10月25日東京生まれ。 9歳よりトランペットをはじめ、13歳の頃には米軍キャンプのダンスバンドで活動を始める。
1967年 の初リーダーアルバムをリリース以降、マスコミに” ヒノテル・ブーム” と騒がれるほどの注目を集め、
国内外のツアーやフェスティバルへの出演をはじめ、雑誌の表紙を飾るなどファッショナブルなミュージシャ ンとして多方面で活躍。
1975年、NYへ渡り居をかまえ、数多くのミュージシャンと活動を共にする。 その後もヒットアルバムを連発、CM出演など多数。
1989年にはジャズの名門レーベル “ブルーノート” と日本人初の契約アーティストとなる。
90年以降、「アジアを一つに」という自身の夢のもと、アジア各 国での活動を増やしていく。2001年芸術選奨 「文部科学大臣賞」受賞。
2004年紫綬褒章、文化庁 芸術祭「レコード部門 優秀賞」、毎日映画コンクール「音楽賞」受賞。
現在、dj honda、次男 日野 JINO 賢二を迎えたユニット「日野皓正 h FACTOR」にてライブを行う他、
同ユニットにてニューアルバム「Unity -h factor-」を2 013年6月19日にリリース。
日本を代表する国際的アーティストとして国内外で精力的に公演を行う他、
チャリティー活動や後進の指導 にも情熱を注ぎ、また個展や画集の出版など絵画の分野でも活躍が著しい。







dj honda
1992年、単身ニューヨークに渡る。同年、DJ Battle For World Supremacyに出場、準優勝を獲得。
Hip-Hop アンダーグラウンド・シーンにおいて日本人DJが初めてその実力を認知されたこの歴史的瞬間から、dj hondaのアーティストとしての活動がスタートする。1995年、ファースト・アルバム『dj honda』をリリース。
The Beatnuts, Redman, Guru, DJ Premier, Fat Joe, Common, Erick Sermonなど錚々たるアーティストが参加。
続くセカンド・アルバム 『h II』でもDe La Soul, Keith Murray, KRS-One, Mos Def, Camp Loなど本場のトップ・アーティストが参加した二枚のアルバムは画期的なDJアルバムとして世界中で大きな話題となる。
Mos Defをフィーチャーした"Travellin' Man"はビルボード誌"Hot Rap Singles"チャートで16週以上チャートに入り続け17位まで上昇し、アジア人として初の快挙を成し遂げた。
その後自身のレコード・レーベル dj honda RECORDINGSをニューヨーク、東京、ソウルに設立し、自身のレーベルからリリースしたシングルは立て続けにビルボードチャートに叩き込んだ。
また、Hip-Hopアーティストの活動のひとつとして定着化している音楽とファッションの融合をいち早くスタートしたことでも有名。
自身のロゴをフィーチャーしたオリジナル・ブランドは、世界中の幅広い層に認知されるまでになった。
2009年、Mos Def, Fred Durst (Limp Bizkit), Kool G Rap, EPMD, Rakaa (Dilated Peoples)他、豪華アーティストをフィーチャーした待望のニューアルバム"dj honda IV"を遂に世界同時リリースした。
2011年、日本を代表するJazzミュージシャン・日野皓正のアルバム"Aftershock"のビートを全曲担当し、国内最大級のJazzの祭典"Tokyo Jazz Festival 2011"に出演し、全国ツアーも敢行。
2013年、前作に続き日野皓正のニューアルバム"Unity -h factor-"のビートを全曲担当した。


日野JINO賢二
ベーシスト、ソングライター、アレンジャー、音楽プロデューサー。
日野皓正の次男として東京に生まれ、7歳の時に家族でNYに移り住む。NYの音楽と芸術の専門高校へ入学し、同学校の卒業生にあたるマーカス・ミラーに影響を受ける。またその頃にジャコ・パトリアスに師事。卒業後、アポロシアターでのハウスバンドをはじめ、Joe、ジェシカ・シンプソン等、数多くのアーティストと活動を共にする。
2003年、初のリーダー・アルバム『ワンダーランド』、続いて『JINO』をユニバーサル・ミュージックよりリリースし、これを機に活動拠点を日本に移す。近年は、MISIA、AI、Def Techの他、数々のアーティストのライブサポートをする一方、アレンジャーやプロデューサーとしては、西野カナ、黒木メイサ、May Jなど数々のレコーディング・ワークスで活躍している。
近年、父親 日野皓正のプロジェクト「h factor」へも参加し話題となっている。











須川崇志
1982年2月、群馬県伊勢崎市生まれ。11歳の頃にチェロを弾き始め、18歳でジャズベースを独学で始める。2001年に日本大学文理学部を中退、その後アメリカへ渡り、2006年にバークリー音楽大学を卒業。
2007 年に活動拠点をニューヨークに移す。同年7月、Jake Hertzog (g)のカルテットでスイスのモントルージャズフェスティバルに出演。2008年にはOri Dakari (g)のCD, “Entrances” (Tzadik Records) に参加。この間に、多くのミュージシャンと日々のセッションを重ねる。また、ピアニスト菊池雅章氏との出会いをキッカケに、氏の音楽観から多大な影響を受ける。
2008 年に日本へ帰国し、2010年3月から日野皓正カルテットのメンバーとなる。また同年秋、Aaron Choulai Quintet "Sisia Natuna"でオーストラリアをツアーし、ブリスベン、ワランガッタ等のジャズフェスティバルに出演。2011年には日野皓正AFTERSHOCKバンドで東京ジャズに出演。その他数多くのミュージシャンと活動を共にしている。











田中 徳崇
1977年福岡生まれ。
10代よりドラムを始め、ロレッタセコハンなどのバンドで活動。
1997年からの10年間はシカゴにてジャズと現代音楽を学び、
在学中より多くのバンドのツアー、レコーディングに参加する。
Jeff Parker (g) の様々なプロジェクトをはじめ、Ron Dewar (ts),
Bobby Broom (g)などのグループでドラマーを務める。
一方ではAACMや音響系などのミュージシャンとの交流も多く、Fred Anderson (ts), Ernest Dawkins (as)他と共演する。他にも The Howling Hex (Neil Michael Hagerty) やThe Cairo Gang (Emmett Kelly) などのバンドのツアー、レコーディングに参加している。
2007年に滞在ビザの都合により帰国してからは、Peter Br�・tzmann, 坂田明、峰厚介, 井野信義, ケイ赤城, 梅津和時をはじめ多くのミュージシャンと共演。
現在は主に、日野皓正グループ, 高瀬アキトリオ (T.I.T.), 八木美知依ダブルトリオなどで活動し、最近ではBonnie 'Prince' Billy, 八木美知依ダブルトリオ, Aaron Choulai らとの海外での演奏も行っている。











加藤一平
1982年東京生まれ。20歳の時にギターを独学はじめる。
都内各所のセッションで腕を磨く。
23歳の時、NYに半年滞在し、ジャムセッション、ライブにて腕を磨く。
帰国後、鈴木勲(b)、日野皓正(tp)、中牟礼貞則(g)、川島哲郎(ts)、是安則克(b)、etcと共演。
現在、『鈴木勲OMA SOUND』、『日野皓正 h factor』、『Thelonious Monk Project』、『SHELTER』など、
多数のセッションで関東近郊ライブハウスにて活動中。













岩国市周東文化会館 パストラルホール
 〒742-0416 山口県岩国市周東町用田137-8 TEL.0827-84-1400 FAX.0827-84-4949(月曜日休館、ただし月曜が祝日・振替休日の場合は事前申請により開館可)
©Copyright 2011 PASTORALHALL All Rights Reserved. Supporting by Crouton Co., Ltd.